店長からのご挨拶

 「BAR MACHUNGO(マシュンゴ)」の店長をさせて頂く運びとなりました、浮き輪でございます。はじめまして。

■浮き輪という名前は、何ですか?

 艦これの浮き輪さんからかな?などと思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、艦これとはまったく関係ないです。

 浮き輪という別名の由来は20年近く前、Twitter、mixi、更に遡るとYahoo!チャット(日本語ラップの部屋で、音楽流しながら、みんなとチャットしてました。ここで出来た友達はとても多いです。彼女もできたよ。)、魔法のiらんど(ガッツメンたかの「お笑い道場」を中心とした”お笑い大喜利系サイト”)、そしてchat.co.jp時代から使っている別名であります。

 浮き輪は友達の家のPCで、chat.co.jpを使って知らない人とくだらない話をチャットで話していた頃、ネットで使うハンドルネームとして誕生いたしました。ログインごとに色んな名前を使っていたのですが、その中で一番ウケが良かったハンドルネームである浮き輪がその後の別名が必要な時の名前となりました。なので、これといった由来も何も無いのです。

CHAT.CO.JP(マーマーチャット)

 別名が必要な時とは、ネットだったり、ゲームで魔王を倒しに行く主人公の名前を付けなくちゃいけない時とかあるじゃないですか?そういう時とかです。あ、ゲームはそんなにやってきてません。ですが一時期、ゲーム帝国を中心に、純粋なゲーム記事以外の連載を読みたいが為にファミ通を愛読しておりました。

■浮き輪の由来はわかったけど、浮き輪ってどんな人?

 ブラスト公論的に言えば、3枚のカードを提示すればいいのだと思いますが、わたくし浮き輪はこの3枚のカードに何が該当するのか、よくわからないまま41歳になりました。

 上の段落で、説明が必要なワードをたくさん書いたのですが、ブラスト公論を買って読んでください。僕のバイブルの一つです。そして、僕が昔の彼女の妹の誕生日プレゼントにこの本を贈ったという事実に震えてください。お試し版はこちらで読めます→ http://kouron.blog48.fc2.com/blog-entry-31.html

■音楽が好きです

 音楽好きが高じて、音楽の仕事を長らくしておりました。CDショップ→インディーズCDディストリビューター→インディーズレーベルなど。そんな仕事をする中で、CDショップのフリーペーパーでインタビュアー&レビュー執筆、コンテストの審査員、雑誌「blast」の”Sidewinders”のANTENNAの欄でコラムというかローカル情報提供、などなどやっておりました。

▲blast最終号

 聴くのは邦楽が主で、J-POP/歌謡曲、ロック、HIP HOPが多いでしょうか。一番好きなアーティストは、GREAT3です。最近は殆ど行けておりませんが、よくライブも行ってました。楽器は高校生の時に、ギターを早々にFで挫折して以来、何もやった事無いです。

■ラジオが好きです。

 基本AM派。小学生か高校生からポケットラジオで、「ヤンパラ」から「オーデカ」あたりまでニッポン放送中心に。「レディクラ」「コサキン」などは、ほとんど通ってないです。当時、”オールナイトニッポン”はそこまで聞いてなかった。

▲「ヤンパラ」のテレカ。
今の若い子はテレカを知らない。

少し間が空いて、Podcastからラジオ熱が復活。そこからTBSラジオ中心になり、radikoのエリアフリーが誕生してから、太田光ほどではないですが、色々聞いてます。主に聞いてるのを挙げると、「らじおと」「JUNK」ANNは岡村隆史、オードリー、三四郎。「アトロク」「サンドリ」あたり。マイベストは「くりぃむしちゅーのANN」。

▲寒いわね…
くりぃむしちゅーのANN

 今は無き(泣)クラブ、東京は渋谷のACID PANDA CAFE(通称アシパン)の常連だったんです。アシパンの店長の高野政所さんは「タマフル」ゲスト出演を経て、TBSラジオ「トップ5」のレギュラーコメンテーターになったんです。「トップ5」はいわゆるナイターオフ番組だったので、野球中継が始まると一度、番組が終わります。

 「せっかくのメディア露出で、お店の宣伝になってたのにもったいないですよ。なら、お店でトークイベントをやりましょうよ!政所さん一人よりも、誰かといっしょにやった方がいいですよ」と政所さんに言ったら、「じゃあ浮き輪くんやってよ」ということで、僕はぼんやり放送作家的なことをできたらいいなと思っていたのですが、何故か僕も人前でおしゃべりすことになりました。このくだりは後で脚色して宇多丸師匠と古川耕さんの”オレの高田文夫になってくれ”へのオマージュとして政所さんが”オレの古川耕になってくれ”と僕に言ったということにしました。そんなこんなで始まったのがトークイベント及びそのPodcast、「アシッドたんぱ大放送」(通称、アシたん。Podcastは諸事情で今は聴けません)です。ある意味、しゃべる放送作家的なポジション…というか、普通に演者の一人ですね。

▲政所さん、高橋ヨシキさん、浮き輪

 ラジオは大好きでしたが、まさか人前でしゃべることになるなんて思ってもいませんでした。でも、実は出たがりだったのでしょう。”鬼司会”と呼ばれるようになりました。僕はともかく政所さんの幅広い交友関係からの著名な皆様や、世の中的には無名ながらも超人レベルの面白さを誇るアシパンの常連、通称・アシパン超人たちが、ゲストとしてたくさん登場していただきました。3年ぐらい月1でやっていて、その間にとんでもない方々に来ていただきましたよ。

▲政所さん、bool君、浮き輪

 ざっと敬称略でご紹介いたしますと、ジェーン・スー、高橋ヨシキ、伊賀大介、プリキュアおじさん、9nine、hy4_4yh、しまおまほ、テレ東・濱谷晃一P&岩崎太整、久保ミツロウ&能町みね子、弾丸ジャッキー、コンバットREC&高橋芳朗、渋谷直角、出口博之(monobright)、モヒカル(AV監督)、GUNHEAD、CHOP STICK、成田大致、DJフクタケ、藤田陽一監督などなどです。

▲浮き輪、政所さん、
久保ミツロウ先生、能町みね子先生

 とある事情で、アシッドたんぱ大放送が、終了した後にラジオ的な、おしゃべりをツイキャスで最初は一人で始めて、その後お笑いコンビの”ちゃりんこ”とやっていたのが、『人にはそれぞれ事情がある』です。タイトルは真島昌利のソロ・アルバムのタイトルから拝借致しました。ちゃりんこの仲間であるお笑い芸人たちや、3人の友達や、SEX山口さん、パリッコさんなどにも出てもらいました。ちゃりんこが解散したり、僕が4ヶ月入院したり、色々有りましたが、僕が広島に移住したので、一旦休止中でございます。

■なんで店長になったんですか?

 その他に好きなものはお笑い、筒井康隆、ゴリパラ見聞録などなどな、僕が何故、店長になったのか。

ゴリパラ見聞録
キッズは乾杯しましょう!

 当店のオーナーとは、オーナーが東京でやっているお店、薬酒bar高円寺で客とお店の人として知り合い、カープ、銀河英雄伝説、麻雀辺りの共通の趣味があるということで、仲良くなりました。お店ではもちろんですが、一緒に神宮球場やHUBなどで野球を見たりしておりました。

▲2016年リーグ優勝を
HUBで見届けた浮き輪とオーナー

 そんなオーナーが広島に移住し、広島でも薬酒bar高円寺のようなお店をやれないかなと考えているというのを聞き、乗っかりました。

 浮き輪は猫ひろしと同年同日に東京に生まれ、横浜で育ち、そこからさらに東京→横浜を経て、2018年11月30日に広島に引っ越してまいりました。

▲にゃ〜

 Culture&Sound Barと銘打っているMACHUNGOですが、様々なカルチャーと音楽を広島の皆様と一緒に楽しめるお店にしていきたいと思っておりますので、何卒よろしくお願いいたします。

▲よろしくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です